最前線!Web会議お役立ちガイド

web会議システムの比較

web会議とは、インターネットを介して映像・音声のやり取りや、資料の共有などを行い、遠隔地にいながら実際にフェイス・トゥー・フェイスでやり取りをしているように打ち合わせやミーティングを行うことができるシステムをいいます。

この会議の利点は、今までであればメールや電話で済ませることができない要件であり、遠方まで出張する必要があったものでも、会議の参加者の所在を問わずに顔を突き合わせ開催することが可能であることです。また移動にかかる時間・経費を抑制等が挙げられることから、業務の効率化やワークライフバランスにも有効に作用します。

そんな昨今のビジネスシーンで利用される機会が増加しているweb会議ですが、その会議の目的や形態によっておススメのweb会議のシステムにも違いがあることをご存じでしょうか。このサイトでは、それぞれのシステムの比較を行い、その会議の目的に則したシステムを見つけられるよう紹介をしていきます。

FRESH VOICE

公式サイトはコチラ

ポイント

  • 会議まで必要なのは3クリックだけ
  • 最大200拠点に対応するシステム
  • 録音と録画機能が搭載されている

web会議を提供してくれるFRESH VOICEは、機能だけではなく、使いやすさもしっかりと考えられたサービスを行っています。設定しておけば、接続まで3クリックで済むので、いつでもすぐに全国各地とやり取りができます。

サービスの接続上限は200拠点までとなっているため、一度により多くの方とweb会議が可能です。一拠点あたり3000円からというとても安価な値段設定なので、大人数で利用しても金銭的な負担は大きくありません。

FRESH VOICEのweb会議システムには、初めから録音と録画の機能が搭載されています。別途、機器やソフトウェアを用意する必要がないため、議事録を取るのがとても簡単です。

LiveOn

公式サイトはコチラ

ポイント

  • 月額3000円という手軽な料金設定
  • HD画質も選べるweb会議システム
  • 14日間の無料トライアルがある

LiveOnのweb会議システムは、定額制でサービスを行っていて、1ライセンスあたり3000円で利用ができます。ライセンスを増やしただけ、料金がかかるシンプルな値段設定なので、いくらになるのか費用を計算しやすいです。

SD画質では見えにくいかもしれないと不安なら、オプションでHD画質サービスを利用すれば、web会議をより奇麗な映像で行えるようになります。したがって、細かい文字や図が見えなければいけないような事態も問題なく対応できます。

LiveOnはシステムの使いやすさを確かめられるように、無料トライアルを用意してくれています。14日間使えるので、イメージ通りに活用できるかしっかりとチェックできます。

MeetingPlaza

公式サイトはコチラ

ポイント

  • 128拠点を一つの画面に表示可能
  • エコー・ノイズキャンセラを搭載
  • タブレットやスマホにもしっかり対応

MeetingPlazaのweb会議システムでは、最大128拠点に対応するだけではなく、映像を一つの画面上に表示してくれます。しかも、HD画質なので、一つひとつの拠点の映像をしっかりと見ることができます。

周囲のエコーやノイズが音声に乗ってしまうとweb会議がやりにくくなってしまいます。しかし、こちらのサービスでは、エコー・ノイズキャンセラーを搭載しているため、周囲の環境に左右されない高音質のやり取りが可能です。

出張先でパソコンがなかったとしても、MeetingPlazaのシステムを使えば、タブレットやスマホなどの携帯型端末からも会議に参加できるため、あらゆるシーンで役に立ってくれます。

ブイキューブ

公式サイトはコチラ

ポイント

  • ブイキューブはweb会議を検討している方に役立ちます
  • ブイキューブなら知識がない方でも安心して利用が出来ます
  • ブイキューブなら資料請求や無料体験が出来て便利です

ブイキューブはweb会議の導入を検討している方に役立つ業者です。こちらの業者さんは安心で安全な会議をする事ができるのは、もちろんの事、高画質な画面で行う事ができるので便利です。セミナーや研修などにも活用する事が出来ます。

それから、ブイキューブならweb会議の知識がない初心者の方でも基本情報からしっかりと丁寧に教えてくれるので安心して利用することが出来ます。ウエブでの会議ができることで今話題にもなっている働き方も改革する事が出来ます。

それからブイキューブならweb会議の導入のための資料請求や無料体験をする事が出来ます。そのため、実際に使ってみて導入を検討する事が出来ます。また不安を解消して利用することが出来ます。

ブラザー

公式サイトはコチラ

ポイント

  • ブラザーはweb会議の導入を検討している方に役立ちます
  • ブラザーなら初期費用が0円で完全定額制なので安心です
  • ブラザーなら14日間フリートライアルでお試しが出来ます

ブラザーはパソコンやスマートフォンでweb会議をしたいと考えている方に役立つ業者です。こちらの業者さんなら遠隔での会議を行う事で、旅費のコストを抑える事ができるだけでなく、時間も有効に使う事ができるので便利です。

それからブラザーなら、初期費用が0円ではじめる事ができるだけでなく、毎月にかかるコストも完全定額制で、月に9600円からはじめる事ができるので大変便利です。こちらの業者さんのweb会議は高画質なだけでなく、資料も共有する事が出来て便利です。

またブラザーならweb会議をお試ししたい方には、14日間のトライアルも出来て便利です。他にもリモート機能やチャット機能がある他、海外での使用も出来て便利です。

リコー

公式サイトはコチラ

ポイント

  • リコーのweb会議のわかりやすいシステム
  • リコーのweb会議が選ばれる理由
  • web会議を充実させる便利な機能

リコーのweb会議は、3操作で簡単に接続してはじめることができて、インターネットで接続できるため専用の回線がいりません。また、高画質でスムーズな映像のためweb会議の進行がとても楽に見やすくできます。

リコー独自のシステムにより電源を入れてから画像表示されるまでに時間が2.7秒とストレスなく立ち上がります。開始時間までに時間がないときや、自分が正しくweb会議に参加できているかと不安に感じるときに安心できるシステムです。

web会議では資料や現物を画面に映し出すことが簡単にでき、参加者すべての方に情報を共有することができます。また、9拠点同時表示や発言している人の画面がクローズアップされるなど便利な機能もあります。

場所と事前準備に関するメリットがあるweb会議

多くの企業では、しばしば会議を行っています。会議を行う目的は色々ありますが、今後の売上に関する意見交換をするケースもあれば、製品購入に先立って話し合いをするケースもあります。会議をするのは、たいてい自社オフィスです。会議ルームがあるなら、そこに複数の従業員が集まって打ち合わせをする事もあります。状況に応じて、貸し会議室などが活用されるケースもあります。ところで最近は、会議の方法も変化しつつあります。会議室で打ち合わせするというより、web会議を採用している企業が増えてきているからです。そのWEBのシステムには、様々なメリットがあります。事前準備の手間はあまり大きくありませんし、場所を問わずに参加できるメリットがあるからです。時間節約のメリットも大きいです。

会議室で打ち合わせをするやり方ですと、場所に関する問題点が浮上する事があります。従業員によっては、会議に参加するのが難しいからです。例えば会議が行われる場所は、東京地域だとします。ところが従業員によっては、東京地域まで行くのが難しいケースがあります。東京から離れている地域で働いているので、とても会議に参加できないケースも多いです。しかしwebの会議は、場所は関係ありません。インターネットに接続されていれば、どこでも会議に参加できるからです。東京から離れた地域でも、そこでネットに接続できるなら、会議に参加する事は可能です。現に法人によっては、海外オフィスと会議をしている事もあります。海外にもネット環境はありますから、WEBで打ち合わせする事は十分可能です。

それとwebの会議には、事前準備に関するメリットがあります。そもそも大人数の会議ですと、事前の準備は大変です。貸し会議室などを利用するなら、会議室の予約を取らなければなりません。参加者の都合もヒアリングせざるを得ず、予約を取るのは大変です。また会議の資料の問題もあります。会議の参加者に対する資料も準備しなければなりません。資料の数が多いと、準備するのは大変です。しかしweb会議ならば、それも問題ありません。そもそも貸会議室という場所で打ち合わせする訳ではありませんから、予約を取る必要もありません。また会議室で打ち合わせするのと異なり、あまり多くの資料が必要ないケースも多いです。ですから最近では、会議ルームで打ち合わせするというより、webの会議を活用する法人が増えてきています。

MENU